鍼はお腹を元気にする

東洋医学では「食養生」を大切にしています。

元氣の源は両親から与えられた「先天の精」と、日々の食事と呼吸から作り出される「後天の精」であると、古典にも記載されています。

深い呼吸ができる身体と、食べたものを消化・吸収・排泄がスムーズにできる身体に整える鍼灸。

鍼灸施術によって、自律神経の調整と、内臓機能の調整は連動して起こります。

はりをしていると、患者さまのお腹はグーグー鳴り出します。

胃腸が元気になるのが、感じられます。

そうするとお顔も引き締まっていきます。

お口と胃腸はつながりが深く(つながっている管ですから)、胃腸の調子が悪いとお口周りの吹き出物や口角炎、口内炎などができるのは、皆さまご経験があるかと思います。

胃腸の状態は、お口周りの筋肉にも影響するのです。

胃腸が元気を取り戻すと、お口周りの筋肉も引き締まり、お顔が引き締まっていきます。

お顔を整えるには、内臓から。

食べ物も「お砂糖が入っている加工品」には要注意。

胃腸の蠕動運動機能が落ちてしまい、締まりのないお顔になってしまいます。

あなたのお腹は元気ですか?