身体の冷えと鍼灸

こんにちは。頭蓋骨調整・鍼灸・整体で、女性の心と身体の健康を応援している鍼灸師の平井アスカです。

身体の冷えを感じる女性、多いですね。靴下を何枚も履いたり、生姜をたくさん食べたり、温かいお茶を飲んだり、いろいろ努力されています。中にはお腹や腰にいつも貼るホッカイロをつけている方も。本当に辛いのだと思います。

1.鍼は、身体の血行を促進する効果が高いです。

皮膚:鍼をほんの数ミリ皮膚に打つことで、微細な傷ができます。傷を修復しようと、身体はコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質を生成し、血流が促進されます。

筋肉:また凝り固まっていた筋肉に直接鍼を打つことで、緊張を一気に緩め、血流促進が期待されます。

2.お灸はその温熱でツボを温め、血行を良くします。免疫力を上げます。

鍼灸は以上のような効果から、さらに自律神経のバランスを整える働きがあります。自律神経は血管の拡張・収縮を調整する働きがあり、過度に収縮して血流が悪くなっていたところが、自律神経のバランスが整うことで、血行が促進され、身体が温かくなります。

身体の冷えで悩む方は、頭痛、肩こり、腰痛、生理不順とあらゆる不定愁訴も抱えています。根本にある身体の冷え(自律神経の不調)を改善するためには、鍼灸、おすすめです。身体が温かくなると暮らしやすくなります。