美容鍼って何?

こんにちは。女性の心と身体の健康を応援しているMother Earthの鍼灸師 平井アスカです。

今回は美容鍼の素晴らしさの解説です。美容鍼&整体メニューは、「引き締まったフェイスラインを作り、パーツ(目元、口元、鼻筋)をすっきりさせ、お肌の張りを取り戻す」メニューです。

高価な化粧品、たとえばコラーゲン配合などいろいろありますが、コラーゲンってとても大きなたんぱく質です。どんなにお肌に塗っても、コラーゲンのたんぱく質は分子量が大きくて、お肌の中に入っていくことはできないのです。もしもコラーゲンをお肌の中に入れたければ、コラーゲンを分解して最小単位のアミノ酸まで分解してイオン導入をしないと、入りません。ちょっと手持ちの化粧品でのホームケアでは難しいですね。

美容鍼はお顔に鍼を打ちます。真皮にある線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成を促します。真皮へは2mmほど鍼を入れれば届くので、ほとんど痛みは感じません。鍼でできた微細な傷を修復するために、自然治癒力が発動して、コラーゲンやエラスチンが増えていくのです。外から注入するのではなく、内側からお顔の張りを作るたんぱく質が作られて、お顔の張りが戻ってくるのです。

もうひとつ。お顔に鍼を打つことにより、血行がよくなります。加齢とともにお肌のターンオーバー(生まれ変わりの周期)は長くなっていくのですが、血行が良くなることで、新陳代謝が促進され、古い角質は剥がれ落ち、新しい肌が作られていきます。結果美肌になっていきます。

さらに、これはお顔だけの作用では終わらないのです。美容鍼の施術を何回か受けている方はこんな風になっています。
「よく眠れるようになった」「眼精疲労を最近感じない」「頭痛薬が要らなくなった」「肩こりがなくなった」「胃の調子が良くなった」「生理が順調になった」「お通じが良くなった」などなど。きれいになって、痛みや辛い症状がなくなって、毎日ご機嫌な暮らしになっているのです。

鍼の効果で有名なものに、「自律神経の安定化」というのがあります。鍼をすると副交感神経が優位になって、深いリラックス状態を得られるのです。人ってリラックスしていれば、元気でいられます。血液循環良好で、内臓の機能が上がり、免疫力が上がり、笑顔が生まれる。好循環がここから生まれます。