妊娠中の足腰の痛みと逆子に鍼灸

妊娠中の腰、足の痛みで緩やかな坂道でも足を前に出すだけで痛みが増してきたことを、相談させてもらったのがきっかけです。湿布を貼るくらいしか術がわからず悩んでいましたが、治療を通してどの筋肉を強くしていかないといけないのかなども指導していただき、日常で自分でも意識できるようになったことで不安もなくなりました。また逆子も冷えが原因と知り、治療により治ったことも驚きでした。妊娠中に限らず、心身に出る不調も生活習慣を見直すことで改善できると思えるようになり、日頃から意識して生活できるようになったことがよかったです。

以上が妊娠中の腰、足の痛み、逆子でお悩みだった女性のアンケート結果です。彼女はとてもスレンダーな身体で、筋肉量が少ないタイプの女性でした。お腹が大きくなるにつれ、腹筋がほとんど使えなくなっていきます。頼りは太ももの筋肉と腰になりますが、筋力が弱っていて、冷えが重なると、緊張が強くなり、痛みが出てきます。

鍼灸で緊張が強い筋肉をまずは緩めて、痛みを軽減していきます。痛みがなくなると、動かせるようになります。そうなったら、少しずつ筋力をつけるよう軽い筋トレを始めます。妊婦でもできる筋トレとストレッチをお伝えし、お家でも自分でケアができるようになります。そうすることで、出産に向けての体力づくりができます。

アンケートのご協力、誠にありがとうございました。