姿勢改善のための「セルフ整体レッスン」

鍼灸&整体の施術を20年以上続けている傍ら、自身の身体のセルフケアもずっと20年以上続けてきました。

時には勉強のためにプロの手による施術を受けますが、基本的には自分自身の身体を良い状態に保つために、セルフ整体で毎日リセットしています。施術の際には、その時発見したことをシェアさせていただいていましたが、時間が足りないので、ピンポイントのみ。本当はゆっくりと呼吸を意識しながらするものなのですが、施術時間の中では難しく。

当院の患者さまはみな意識が高く、「どんな運動をすればもっと良くなるの?」という質問も多く、そのたびに「セルフ整体」の方法を時間をとってお伝えしたいと思っていました。

そこでオプションメニュー「セルフ整体レッスン」をこの度、作りました。中心になるのは呼吸法。インナーマッスル(身体の奥の方にある筋肉で姿勢保持をする)。ストレッチ。軽い体幹トレーニング。

本日は呼吸でインナーマッスルを刺激し、肩こり改善につながりますということを、お伝えします。

私たちの肋骨はたくさんの呼吸筋に被われていて、工夫することで、大きく動かすことができます。肩や腰が張って辛い時、私は胸郭呼吸(肋骨を大きく膨らませて呼吸をする)で肺にたくさんの空気を取り入れて、内側から筋肉を押し広げるということをします。特に痛いところには手をあて、ここを拡げていくというイメージでゆっくり呼吸をします。

外側からギューギュー指圧したり、マッサージすることなく、内側から筋肉を拡げていけば、緊張は緩み、楽になります。