4年前の鍼灸院だより2号

アスカ鍼灸治療院だより No.2       2015年2月1日
~ご縁があって来院されたあなたの幸せを願って~

私は英語のpresent(プレゼント)という言葉を大切にしています。意味は、「今」「贈り物」です。今現在、ここに在るということが贈り物であるという事実に気づかされたのは20年前に読んだ「人生の贈り物」スペンサー・ジョンソン著がきっかけでした。この絵本を私はずっと大事に持っていて、苦しい時にも心のベースにはpresentというのが、常にありました。このおたよりが苦しみとともにある希望に、光をあてるきっかけになりますよう、心をこめて送ります。

幸せに暮らすための養生法
「許す」という心の使い方
「あの人が言ったあの言葉が許せない!」「あの時の仕打ちを、私は決して忘れない!」「私はなんてことをしてしまったのだろう。自分を許せない!」
治療をしていると、こういう怒り、抑圧された心、悲壮な心を感じることがあります。たくさんの方にあります。胸が閉じていて、ぐっと詰まっている感じ。寂しさ、悲しさ、焦燥感、そして怒りを抱えているのを感じます。
「もう怒らなくても大丈夫。今あなたは安全な場所にいる。今あなたは、あの時とは違う状況を生きている。どうか許しが、訪れますように。」
胸の詰まっている気が流れるよう治療しながら、そっと祈っております。
許していくこと、これはとても大切な心のベース作りです。私たちは怒りながら元気でいることは難しいのです。
怒っているだけで、何も問題が解消していない場合、具体的に動かなくてはならないのかもしれません。
感情から、一歩外に出て、全体を見てみると、対処法もたくさん見つかります。方法は色々ありますが、また機会を設けて書きます。
肝心なことは自分の人生をあきらめないこと。心の在り方が、身体に強く影響します。今、生きていること、ここに在るということは、生命への祝福だと、私は信じています。

今月のおいしいもの
レーズンスコーン
・米粉150g ・国産小麦粉150g ・ノンアルミベーキングパウダー 大さじ2分の1 ・てんさい糖20g ・レーズン30g ・塩 小さじ3分の1 ・菜種油 大さじ5 ・水 150ccくらい(生地がまとまればOK) 水以外をボールに入れて混ぜ、最後に水を加減しながら入れて、ざっくりとまとめ、30gくらいずつ手に取り、直径3.5cm、高さ2cmくらいの円柱型に形作り、オーブンで230℃、16分位で焼き上げる。
美味しさのポイントは菜種油です。黄色い濃厚な、このオイルは子供たちも大好きで、焼きおにぎりもこれで焼くと香ばしく美味です。お菓子作りの油分はほとんど菜種油を使いますが、べたつかず、扱いやすいです。

今月の気づき
「あらっ!こんなにほこりがたまってた。」ストーブに掃除機をかけながら機械のお手入れについて考えました。便利なものも放っておいたらほこりがたまって、機能も落ちる。これって、人の身体も一緒では、と。
私たちはかなり高性能な身体というものを、与えられています。正しい使い方、お手入れをしていればかなり良く動けて、長持ちするはず。
ところが人は痛みが出るまで、なかなか不具合に気づかない。動き方の癖や、運動不足、睡眠不足、少しずつ増えた体重、緩んでいる腹筋など、不調のベースは少しずつできています。
まずは現状を知ること。緊張の強い部分はどこ?緩んでいて力がないところはどこ?動きが悪くなっている関節はないかしら。
私は治療を通して筋肉の緊張を緩め、弾力を取戻し、無理のない動き方を提案します。より元気になる食事の仕方、内容も見直していきましょう。
鍼灸・マッサージ治療は、気を巡らし、血液、リンパ液の流れを良くして、内臓機能を高め人を元気にします。リセットには最適な方法です。

治療理念
敬天愛命(けいてんあいめい)
天=宇宙=自然の原理を敬い、生命を愛おしみ、生命の可能性を信じるという意味をこめています。
ヒトはすべて、幸せに気づき、進化成長するために生まれてきました。不幸に思えることにこそ、幸せへ転化する「気づき」の種があります。治療を通じて、希望の種を一緒に見つけていきましょう。