ストレスと痛みの関係

「ストレスと痛みの関係」、ご存知ですか?

あなたの身体に今小さな「痛み」があるとします。嬉しいことがあると、痛みは嘘のように軽くなります。嫌なことがあると、痛みは激しくなり、とても辛く感じます。

身体の中で何が起こっているのか、少し見てみましょう。

ストレス→「あ、いやだな」と脳が感じる→交感神経優位となり、血管が収縮し、血行が悪くなる→筋肉は固くなる→もともと血流が悪かったところはさらに血液の流れが悪くなり、痛みを感じる

これをお顔という狭い範囲で見てみましょう。

ストレス→「あ、いやだな」と脳が感じる→お顔がこわばる→無意識に噛み締める→あごの筋肉が固くなる→顎関節に負担がかかる→痛みを感じる

まとめます。ストレスを感じると、血行が悪くなって、筋肉が固くなってこりや、痛みを感じやすくなるということです。

リラックスしていると、筋肉は柔らかく、血行も良く、元気でいられるということです。

楽しいこと、気持ちの良いこと、いっぱい見つけていきましょう。身体を動かすと、自然と筋肉が柔らかくなっていきます。疲れたときはぶらぶら歩くのも良いですよ。