産後の腰痛を改善するための方法

こんにちは。暑くなってきました。
Mother Earthには産後の不調改善のために、赤ちゃん連れでご来院されるママが1日に数名いらっしゃいます。

本日いらっしゃったママのお悩みは腰痛です。寝返りを打つときに痛む、立ち上がるときに痛む、便座に腰かけようとするとき痛むなど、日常生活がしんどくなっているご様子での来院です。

ご自分の身体を支えることも辛い状態なのに、赤ちゃんを抱えての生活です。
大変です。
辛くなるのは当たり前です。

このような状態でも、良くなります。
まずははり・きゅう・整体で、歪みを整え、血行を改善します。
痛みが少し落ち着いて、動かせる範囲が増えてきたら、おうちでできるストレッチをお伝えしています。
椅子に座りながら、お尻を伸ばしたり、足の関節を緩めたり、簡単にできる方法があります。

立ち上がるときの痛みは、腰の奥の方にある腸腰筋の弱りが考えられます。
この筋肉は「冷え」に弱いので、まず冷たいお茶・コーヒーなどをやめます。
基本常温のお水。
温かいものを摂るようにします。

そしてシャワーだけの生活になっているので、お風呂にきちんとつかってもらいます。
お風呂につかると、筋肉の柔軟性が戻ってきます。

赤ちゃんを抱っこするのは左側ばかり(右手は何か作業している)というママが多いので、歪みを助長するので、右側でも抱っこしてもらいます。
テレビもいつも同じ方向から見ていて、骨盤が回旋しているので、席を変えてもらい、正面から見るようにしてもらいます。

そして軽い体幹トレーニングに入っていきます。
この時点で、痛みはなくなり、日常生活で困らなくなっています。

もしもあなたが産後の体調の悪さを感じているのでしたら、一度日常生活を見直してみてください。

改善できるところがたくさん見えてくると思います。

赤ちゃんとの暮らしが笑顔であふれる状態であってほしいと、心より願っています。