身体のだるさが続くときの鍼灸&整体

梅雨がなかなか終わらず、身体のだるさを感じている方も多いのではないでしょうか?

またこの時期、気管支の調子が悪く、咳が続いている方もいらっしゃいます。

だるさや風邪などの抵抗力が落ちている状態には、いろいろな原因があります。

1.身体が冷えている

冷房の中で過ごす時間が長いと、身体が足元から冷えていきます。そのような状況の中、シャワーだけで済ませていると、体温は低くなっていきます(逆に微熱が続くという症状もあります)。

2.眠りが浅く、疲労がとりきれていない

日中身体を冷やし、筋肉が固くなっていくと、自律神経の切り替えがスムーズにいかなくなります。寝つきが悪くなり、疲労がとれないまま朝を迎えることが続きます。

3.湿度で、身体全体の機能が落ちている

東洋医学では湿気が多くなると、身体にも悪影響を及ぼすと考えます。むくみや頭痛、神経痛の悪化を感じている方も多いでしょう。湿度の影響で胃腸機能の低下が起きて、身体の水分代謝が落ちている状態です。

4.甘いもの・冷たいものの取りすぎ

梅雨の時期は湿度の影響で、胃腸の働きが落ちやすい時期。ところが蒸し暑さの中で、アイスやアイスコーヒー(ガムシロップたっぷり)、氷入りの飲み物などを多く摂っていると、どんどん胃腸の機能は落ちます。それが抵抗力を弱めていきます。

5.運動不足による血行不良

雨続きで蒸し暑くなると、普段お散歩の習慣がある方でも外に出る機会が減ります。いつもより動かない日が続くと、だんだん筋力が低下し、血液循環が悪くなっていきます。

以上がこの時期の特徴です。Mother Earthの施術は、まずお話を聞きながら、全身の筋肉・お腹の状態を確認して施術に入ります。

弾力のある筋肉の状態に戻るよう、はり・きゅう・整体で身体全体の機能が上がるよう働きかけます。運動が必要なかたへは、おうちでできるストレッチと筋トレをお伝えしています。