「赤ちゃんを授かる身体作り」への鍼灸&整体2

まずはご自分の状態を知ることからスタートです。

まずは婦人科で検査を受けましょう。

妊娠できる期間は限られています。自分の状態を知ることが一番大事です。検査を受けて、どこにも異常がないようでしたら安心ですよね。

もしも異常が見つかって、早めに治療を受けられるのでしたら、それも幸いなことです。

病院の検査を受けて、必要な治療を受けつつ、身体づくりを進めていきます。

基礎体温はつけていますか?

体温はあなたのホルモンバランスの状態を自分で確認するのに、分かりやすい指標になります。

低温期、高温期と分かれていない場合や、低温期が3週間くらいあって排卵に時間がかかる場合や、そもそも体温の変化がなく35度台である場合など、改善ポイントは人によって違います。

食生活を変えたり、運動を取り入れたり、鍼灸&整体を受けたりと、身体に働きかけながら、体温の変化を見ていってください。

身体の変化が数値で表れます。

良い変化を身体に起こすものを選んで、身体づくりをしていくことが大切です。体温は参考になりますよ。