「赤ちゃんを授かる身体作り」への鍼灸&整体4(私の体験)

赤ちゃんを授かるというのは奇跡の連続です。

ご主人と自分の体調、年齢、タイミングなど、自分一人の努力では到底かなわない、何か不思議な力が働いての「生命誕生」です。

このキューピー人形は、私が初めて「赤ちゃん」を授かったときに、東京の古い産婦人科医院のおじいちゃん先生からもらったものです。当時半年、3か月と生理が遅れがちで、不順な状態が当たり前だった私は、妊娠していることになかなか気がつきませんでした。3か月もだいぶ過ぎたころ、味覚の変化に首を傾げ、ようやく「妊娠」に気がつき産婦人科にいきます。

そのときに「このくらいの赤ちゃんが、いまお腹にいるよ」と、キューピー人形を手渡されました。

感動と衝撃で、ぼおっとしていたのを覚えています。

私の生理周期は17歳のころから不順続きで、ストレスを受けては(感じては)止まるの繰り返しでした。自律神経失調症です。

小学生のころから整体や、鍼灸のお世話になることたびたびでした。当時の私は何がどう悪くて、うまくいかないのかが、全然分からなかったのです。

ヨガやマクロビオティック、瞑想、断食(いまはファスティングという言葉になってますね)、17歳から始めました。やればやるほど不健康になっていくという…、残念ガールでした。

たくさんの失敗を重ねては、ときどき本物に出会い、ある日「経絡(けいらく…気の流れ・バランス)治療」をする鍼灸の先生に出会います。この先生に出会って、私の月経不順は大幅に改善します。3年止まっていた生理が、施術を受けて再開しました。

「経絡、すごい」感動して、5年も勉強会に参加しました。今ではわたしの施術のベースとなって、大変役に立っています。

この「経絡治療」をする先生のおかげで、赤ちゃんを授かることができたと今でも感謝しています。

何か大きな力の流れの中での「生命誕生」という気持ちは強いですが、「赤ちゃんを授かるための身体作り」に鍼灸&整体は最適だと、自身の体験を通して感じています。

自己流で「身体作り」を頑張っていると、間違った方向にいってしまうこともあります(私は散々やりました)。

鍼灸&整体も「身体作り」にお役に立てます。

良い展開や、新しい身体への発見があると思います。

Mother Earthは「赤ちゃんを授かる身体作り」を応援しています。