自律神経の乱れへの鍼灸&整体

秋が近づいているのを、肌で感じますね。気温が低くなり、またお肌が少し乾燥してきたようです。

アトピーの方は、お肌が乾燥することで、少し痒みが出てきているかもしれません。

お肌の調子は東洋医学でみると、肺と大腸の経絡の流れでみていきます。

肺と大腸は表裏の関係です。皮膚と腸の状態はリンクすることをご存知でしょうか?

肌荒れしているときは、胃腸の調子も落ちています。肺と大腸、表裏の関係だからです。

子どもに多い発熱も、便秘が絡むことが多く、便通がつくと熱も下がることがよくあります。

秋は、東洋医学でいう金(肺と大腸)の季節です。この時期には乾燥を潤すために、梨が良いといわれていますね。

乾燥のために咳なども出やすくなる季節に、潤すための果物がちゃんと出てきます。自然の恵みですね。

Mother Earthでは、お身体の状態を見るとき、季節の流れや、経絡の流れなど全体の流れを把握するようにしています。反応が出るツボも季節ごとに変わっていきます。

季節の変わり目は体調を崩しやすく、自律神経も乱れがちです。はり・きゅう・整体は、血行促進と免疫力アップに役立ちます。

冷えを改善し、血行の良い状態で、秋を楽しみたいですね。