お腹ポッコリへの鍼灸&整体

産後段々とお腹や背中にお肉がのってきたという女性は多いですね。

産後は骨盤が開き、お尻の大きさがまず大きくなります。

また太ももが外へ張り出し、ふくらはぎも外側が張っていて、骨が変形しているのだと信じていた方もいます。

足の形が変わったのは、実は筋肉の使い方が変わってしまい、筋肉のつき方が変わっているだけです。

お腹などの体幹の筋肉が弱くなると、内側の筋肉がうまく働けず、外側へ体重が逃げていきます。膝をくっつけて座ろうとしても難しい状態でしたら、この状態が起こっています。

骨盤底筋は緩み、内臓が下垂し、お腹がポッコリと出てしまいます。

体重が増えただけではなく、内臓が下垂している状態といえます。内臓下垂が起きていることが、実は本当に厄介なことなのです。

このままお腹ポッコリで、骨盤底筋が緩んだままだと、やがて膣から子宮や腸が落ちてきてしまう女性もいます。

今は長寿の時代。弱った筋肉を放置していくと、このような危険があることを知っている女性は、どのくらいいるのでしょう。

70代、80代になった頃から、このような問題が起きてくるので、その前に身体の使い方を学び、変えていくことが一番良いですよね。

Mother Earthの鍼灸&整体は、まず身体の歪みを整えることから始まります。

そして経絡という気の流れのルートを使って、内臓の調整もします。

下垂していた胃腸を引き上げ、子宮が良い位置でキープできるよう、働きかけます。

またセルフケアの方法を覚えていただき、おうちでケアできるように一緒に実践していきます。

長寿の時代で、一番大切なもの、それは動ける身体だと思います。

Mother Earthは元気でいつまでも動ける身体でいたい方のサポートをしています。