赤ちゃんを 授かる身体作りへの鍼灸&整体5

イライラや不安感など、ストレスを常に感じている状態は、脳を消耗します。

心配事や緊張が続くと、眠れなくなりますね。これは自律神経のバランスが崩れて、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなって起こります。

これも脳の疲労状態です。

月経リズムを作っているのは、シンプルに言うと、脳と卵巣のホルモンのやり取りです。

上記のような状態になると、中学生の女の子でも月経不順になります。

不妊治療中も、緊張することが多く、脳の疲労が起こり、ホルモンバランスがうまくいかなくなることがあります。

不正出血が起きたり。
生理が極端に早く来てしまったり。

東洋医学的に見ると、肝の巡りが悪くなって、胃腸の働きが悪くなり、卵巣・子宮・脳の働きが落ちている状態とみます。

肝は肝臓も含みますが、情動や自律神経、血の巡りに関わる経絡です。

あまり興奮しすぎると、イライラ、怒りとなり、胃腸を傷めます。

胃腸の働きが落ちると、身体全体のパワーも落ちるのですね。

この状態をリセットする必要があります。

鍼灸はこのような身体全体の気の流れ、内臓の生理的な働き、また心の状態が及ぼす内臓への影響などを見ながら、施術方針を決めていきます。

だから毎回ライブな施術になります。

心と身体の状態は、おなじ方でも毎回違いますからね。

どうぞあなたの心と身体を整えにいらしてくださいませ。

心をこめて施術しております。