研修最終日(美容鍼)

台風の最中から、一人3泊4日で研修のため東京のホテルで過ごしています。

台風の被害で大変な思いをされている方へ、心よりお見舞い申し上げます。

あなたは大丈夫でしたか?

私の回りには幸い被害に遭ったという話はありませんでした。

さて本日は私の研修最終日です。
今回学びにいったのは、美容鍼でした。

私は10年前にこのような美容鍼の集中講座を受けたのをスタートに、いろいろな美容鍼の講座を受けてきました。

東京に泊まり込み、朝から晩までひたすらお互いにお顔に鍼をし続けるという、身体を張った修行のような講座になるので、毎回受講をする際には覚悟が要ります。

ですが、技術アップしたい欲求のほうが強いので、またこのようにして研修へ出かけているのです。

今回もとても有意義でした。
知らなかった筋肉の扱い方を、たくさん学べました。

今までの美容鍼は真皮への刺激が多く、皮膚のターンオーバーの正常化や、お肌のなめらかさ、張りを特に意識したものでした。

今回学んだ美容鍼は、ひたすら筋肉です。

たるみやしわは、乾燥や、コラーゲンの減少のほかに、お顔の筋肉のこり、筋肉が固く短くなったり、弱くて引き上げる力が衰えてくることにより、起こります。

つまり、お顔を引き上げるには、皮膚と筋肉へのアプローチ2方向が必要になるということです。

今回は、筋肉の凝りを効率的に改善し、弱っているところを元気付ける施術方法を学んできました。

マッサージやエステでは届かない深部にある凝りを、鍼を使うことで、緩めることができます。

筋肉の深いところへのアプローチのため、お顔を柔らかく暖めてから施術する必要があるので、今までの方法よりも時間が少しかかります。

またそのためにお化粧も落としていただく必要があります。

これから、新しい美容鍼メニューを作ります。

こちらは本当にお顔のお悩みの深い方用のメニューになります。

楽しみにしていてくださいね。
あなたのお悩みの解決をサポートできるよう、精進していきます。