お肌を老化させる「糖化」のメカニズム

明けましておめでとうございます。

2020年もMother Earthは「あなた本来の美しさを引き出し、心身ともに健やかな状態」を美容鍼・鍼灸・整体でサポートしていきます。

今年から美容鍼スタンダードメニューで使っているスキンケア商品を、院内でお試しできるコーナーを作りました。

「ファイテン」という会社が出している無添加化粧品です。かなり良いので少しずつ、どんな風にこの基礎化粧品が良いのかご紹介していきます。まずは「糖化ケア」が出来ることをご紹介。

では「糖化」のメカニズムを簡単にお伝えします

初めてMother Earthにいらした方へ必ずお渡ししている資料「養生法」の中に「白砂糖を含む食品はなるべくとらない」と糖質の過剰摂取の注意を呼び掛けている文章があります。

甘いものを日常的に摂っている方が多いので、「ええっ?」と驚かれると同時に、「やめられるかなぁ?」と自信なさそうにおっしゃる方がほとんどです。

長い間臨床をやっていて、この糖質過剰摂取が心身へどれだけ影響するのかが見えてきたので、養生法の中で紹介し続けています。

糖化とは

糖化とは、食事などで摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びつき、細胞を劣化させることをいいます。

糖質の多い食事をとる⇒血糖値急上昇⇒余分な糖質が体内のたんぱく質と結びつく⇒最終糖化産物(AGEs)となって体内に蓄積

糖化によって起こる症状

★真皮(表皮から2㎜下の部分)のコラーゲン(たんぱく質)に蓄積した場合⇒お肌の弾力が失われ、たるみやしわ、しみ、くすみの原因になる。

★血管に蓄積した場合⇒血管がボロボロになり、炎症が起きやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞の原因になる。

★骨に蓄積した場合⇒骨粗しょう症などの原因になる。

★目に蓄積した場合⇒ドライアイ、白内障、網膜症などの原因となる。

★脳に蓄積された場合⇒アルツハイマー病。健常な脳と比べてアルツハイマー病患者の脳には約3倍のAGEが蓄積されていたという報告もある。

糖化をなるべく引き起こさないために

まずは血糖値の急上昇・急下降を引き起こしやすい精製された糖質(白い砂糖・粉)を含むものはなるべく摂らないこと。

次に食べる順番を野菜⇒肉・魚などのたんぱく質⇒ご飯などの糖質という順番にして、血糖値の急上昇を抑えること。

そして食後1時間が一番血糖値が上がるので、このときに歩いたり、軽い運動をすると血糖値が下がりやすくなります。

それから睡眠を十分にとる生活リズムが大事です。

糖化で起きた「くすみ」をケアする化粧品

糖化ってホットケーキを作るイメージが分かりやすいかと思います。お砂糖、粉などの糖質と卵や牛乳などのたんぱく質が、熱を入れることでこんがり焼けるイメージ。あれが体内で起こります。こんがり焼けて黄色くなってしまうと、お肌ではくすみになってしまうわけです。

この出来てしまった最終糖化産物(AGEs)を分解してくれるのが、「ファイテン アクアゴールド スキンケアシリーズ」です。

美容鍼スタンダードメニューでは、こちらの商品を使っています。これからお肌のお悩み(たるみ・しみ・しわ・にきびなど)に特化した形で、美容鍼メニューの中で体験できるように組み込んでいこうと考えています。

楽しみにしていてくださいね。