美容鍼にスキンケアを強化しています

Mother Earthの美容鍼は毎日進化中で歴史があります。

私が学んできた技術内容が反映されていますが、自身のお悩み改善も色濃く反映されています。

スタート時は、主に真皮層へのアプローチでした。真皮層は表皮から2mmほど下にある層です。細い鍼を2mmほど入れてあげることで線維芽細胞が、小さな傷を修復するためにコラーゲン・エラスチンなどのお肌のハリを出す材料をどんどん出してくれます。その結果ターンオーバーが正常化して、お肌のくすみやしわが改善され、血色も良くなり、滑らかなお肌に整っていきます。

そののち美容鍼に整体が加わりました。お顔は内臓の状態がダイレクトに表れます。胃腸の調子が悪くなると、口の端が切れたりしますね。ホルモンの状態で吹き出物などもよくできます。また骨盤、足の歪みなどが、お顔の歪みを引き起こします。

さらにお顔の深いお悩みにお応えするために、筋肉へのアプローチが必要になりました。お顔の筋肉は感情や表情癖により、緊張が強い部分ができていきます。噛みしめ、食いしばりによる顎関節の不具合を感じる方も多くいます。眉間のしわ、ほうれい線など深いしわでお悩みの女性も多いです。それからお顔の輪郭の変化。

それらのお悩みに対応するために筋肉層という深い部分まで、鍼を効果的に使う方法を学び、改善を重ねています。筋肉の緊張を緩めることで弾力が戻り、本来のあなたのお顔の形に戻ることが期待できます。私自身も年齢は重ねていますが、どんどんお顔の変化を感じています。

そして最近はさらにスキンケアを充実させたこと。

真皮・筋肉・骨格へのケアをしている美容鍼に足りないもの、シンプルですがスキンケア(角質層・表皮のケア)を充実させています。乾燥や紫外線がお肌の状態を左右しているのは確かです。表皮の保湿・保護も重要課題だと再認識しました。

使っているのは純金を使った無添加化粧品です。

以下のような高濃度の原液をお悩み別にお試しできるコーナーを作り、また美容鍼スタンダードメニューでは実際に使っていてもっちもっちの潤い肌をご体験いただいています。

お一人お一人のお悩みにできるだけお応えできる美容鍼であるよう、改善を重ねていきます。