美肌の習慣その1

「水分補給に何をいつも飲んでいますか?」と初診時の問診表で記入していただく欄があります。驚くほど「水」と答える方は少ないのが現状です。
「コーヒー」「お茶」が多いですね。これを水分補給だと思っている方も多いのです。コーヒー、お茶は残念ながら水分補給にはならないのです。なぜならカフェインが含まれているから。カフェインには利尿作用があります。飲めば飲むほど身体から水分が出ていってしまい、代謝に使われる水分が補給できません。「コーヒー」「お茶」を飲んだら、お水も飲む必要があります。

「代謝」を良くするには「水」が必要です。お肌の潤いを保つためには、化粧水で皮膚に保湿する以上に、「水」を飲むことが必要です。

お水が特に必要なのは、朝起きたとき、寝る前、入浴前後、PC作業時、車の運転時、運動の前後など。

お水の必要量は人によって違います。のどに渇きを覚えたら、少しずつ常温の「水」を飲みましょう。寒い時には冷たいと内臓が冷えてしまいます。白湯や、少しお湯を入れた水を飲むなど工夫してください。
この一工夫で、水分不足や水の取りすぎで身体に負担をかけることなく、水分吸収ができるようになり、お肌に潤いが出てきます。

むくむから「水」を飲まないという方がいます。上の写真のように「舌」の縁の状態をチェックしてみてください。歯の痕がついてでこぼこしていたら、あなたはむくんでいます。

あなたは「水」を飲み過ぎているから、むくみましたか?恐らく「水」はあまり飲んでいないのではないでしょうか?

「味の濃い物を食べてしまい、水を大量に飲んでしまった」というむくみなら、ありますね。「味の濃い物」「脂っこいもの」はむくみにつながります。

そして「舌」に白っぽい苔もついているのではないでしょうか?胃の状態が悪いことを表しています。
「甘い物」を好みませんか?

コーヒーやお茶と一緒に、お砂糖が入っているパン、お菓子、あめ、チョコレートをよく召し上がる方は、「舌」が白く歯の痕がついていることがよくあります。

これらの食品を取ることをやめ、のどが渇いたときに「水」を飲むという習慣に変わったら、代謝が良くなります。むくみがとれることで、1~2kg体重が減る方もいらっしゃいます。

美肌の習慣その1は、「水を飲む」でした。