日々の施術で大切にしている想い

身体には「筋膜」のようにつながっているルートがあります。

目には見えないけれど、確かに存在している「エネルギーの流れ道」を「経絡(けいらく)」と呼びます。

ツボはそのルートの主要な駅名のようなもの。特に手足末端にあるツボは、効果が高く、およそ2~3穴ほどで全体の調子を整える力があります。

ルートは皮膚・筋肉・内臓・脳すべてを網羅していて、反応点をきちんと取ると、筋肉の緊張が緩んで関節の可動域が瞬時に拡がったり、内臓が動きだしたりという変化が起こります。

私自身が21歳の時に3年にもわたる無月経が、経絡治療で治った経験から、ずっと経絡を基本とした鍼灸施術を実践してきました。

経絡がきちんと取れて、その場で素晴らしい効果が出ても、効果が続く場合と続かない場合を体験してきました。急性期の症状ならば1~3回の鍼灸施術で収まることもあります。

ですが慢性期の場合は数時間~数日で、状態が戻ってしまうのです。

それはまず筋肉量の違い、筋肉の癖による骨格の歪み具合、自律神経の状態、労働環境、心の状態、体質の違いなど、個々の状態で差が出てくるのです。

この身体の状態に応じるために、鍼灸・美容鍼・整体・食養・呼吸・ストレッチを組み合わせて施術するようになりました。足りない筋肉量は育てていき、筋肉の癖は動き方をチェックしながら整体をして、睡眠時間の調整・食事改善・自律神経の安定化のための鍼灸・美容鍼を定期的に続けていくのです。

特に施術スタート時は、間隔を空けてしまうと、筋肉の癖でまたすぐに戻ってしまいます。一定の間隔で集中的に施術をすることで、効果が長く持続して状態の改善ができることがわかりました。ひどい坐骨神経痛が改善したり、生理痛や頭痛がなくなったり、妊娠に至ったり、動悸やパニック発作がなくなったりなど、痛みや自律神経の改善です。

鍼灸&整体で「治る」保証は残念ながらできません。医療というのは人の身体に施すものなので、個人差がどうしてもあります。

ですが毎回身体の状態をきちんと見て、一番良いと思われる方法で施術をしていくことを大切にしています。この方が私の家族だったら、どういう風に施術をしてあげるかな?という気持ちを持っています。