潤う身体作り3(女性ホルモン分泌バランスを整える方法)

生理はシンプルにいうと、いらなくなった子宮内膜(経血)を体外に出している現象です。生理痛は、いらなくなった子宮内膜がなかなかはがれなくて、子宮を強く収縮させることによって経血を出そうとした結果、起こります。

子宮を収縮するときに出てくるのがプロスタグランジンという物質。

プロスタグランジンはプロゲステロンによって調整され、生理中に多く作られます。子宮を収縮させて、子宮内膜(経血)を体外に押し出すためのものです。

子宮への影響:子宮内膜がはがれる→プロスタグランジンが作られる→子宮の筋肉が縮む・血行が悪くなる→お腹が痛くなる

全身への影響:子宮内膜がはがれる→プロスタグランジンが作られる→プロスタグランジンが体中に流れる→むかむかする、気持ち悪くなる、頭痛が起きる、だるくなる

どうやらプロスタグランジンというのが、痛みと関係しているようです。プロスタグランジンは生理がある女性にはみんな同じように出てくるはずですが、痛みがある人とない人がいますね。痛みがある人にはプロスタグランジンが過剰に分泌されているということです。

なぜ過剰に分泌されるのでしょうか?子宮内膜がなかなかはがれないから、子宮をより強く収縮するためです。
なんとなく見えてくるのは、身体は「不要のもの=子宮内膜(経血)」を一生懸命、外に出そうと頑張っているということです。その結果痛みも出てしまうということ。

プロスタグランジンが過剰に作られなくても、時期が来たら子宮内膜がするりと出てくる身体に整えていくことが必要なのです。

コントロール不能というわけではありません。

これから身体を整える方法をお伝えします。