おうち時間が増えてくると身体は重くなる

緊急事態宣言が出されてから、おうちにおこもりの時間が確実に増えていますね。今まで通勤にエネルギーを使っていた分、お外で人に会って活動していた分、今はなくなり、圧倒的に消費エネルギー量は減っていると思います。

私たちの身体はとても賢くできていて、おうちなどの限られた空間とお外では身体の動かし方が無意識のうちに変わっています。大きく身体を動かしてぶつかることを避けるために、身体は小さく動くようになります。あまり筋肉を使わず、小さく動いています。

目も近いところばかりを見る傾向になりますね。今はオンラインでの仕事が増えているので、なおさら画面を見る時間が増えています。目の筋肉を偏って使っている状態です。

目は疲れ、肩は凝り、なんだか身体が重い。おうちにこもっていると、そんな状態になりやすいのです。

実際最近いらっしゃる患者さまの状態は「目の疲れ、首の痛み、頭痛」が増えています。それから胃が疲れている方も多くなっています。間食が増えているようです。

Mother Earthでは整体で身体を動かしながら、身体の歪みを整えていきます。動きの中で良くなっていくのを実感します。

さらに鍼やお灸を使って、自律神経のバランスを整え、血流促進を促します。

施術が終わるころには、視界が広がり、肩の力は抜け、動きやすい身体へリセットされています。

「ちょっと動くようにした方がいいかな」というお言葉が出てくる患者さま。どんどん動いてください。身体も心も動かしていった方が、安定します。

体調に不安を感じる、心が不安定、お顔をすっきりさせたいなど、Mother Earthはお力になれます。ご相談くださいね。