帯状疱疹

突然の肩と胸の痛み

先日の土曜日、肩と胸の強い痛みを訴えて、月曜日の予約日まで待てずにいらっしゃった60代後半の女性のお話です。

ある朝右の前胸部が痛み始め、だんだん右半身全体が痛みだしたそうです。肋骨周りが特に痛みます。

「先生、内臓の病気かしら?」と心配そうなご様子です。痛むポイントを見ていくと、肋間神経に沿って反応が出ています。

この痛み方から考えられるものは?

「胸に湿疹は出来ていませんか?」

「え?湿疹?あ、そういえば。」といって胸を見せてくれました。こちらの想像通り、胸骨のあたりに赤い水疱がみられます。「これね、帯状疱疹だと思います。ウイルスによる神経の炎症。水疱瘡のウイルスがまた活動し始めてしまったかもしれません」

「なんかできているなぁとは思っていたんだけど。帯状疱疹って聞いたことはあるけど、まさか自分がかかるなんて」

「多分水疱が拡がっていくと思いますので、病院へ行ってくださいね。」

本日月曜日、ご報告のお電話を頂きました。やはり帯状疱疹だったそうです。

帯状疱疹の特徴

・身体の左右どちらかに、ピリピリと刺すような痛みがまず起こります

・その後赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状に出てきます

・水疱瘡と同じウイルスによって起こります

・60代を中心に起こりやすく、過労やストレスが引き金となります

・湿疹が引いた後に神経痛が残ることがあります

帯状疱疹後神経痛に対する鍼灸

帯状疱疹後、水疱が消えた後も、痛みが残ることがあります。

痛みは神経線維が、ウイルスによって傷つけられてしまうことで起きます。神経の過剰な興奮、痛みを抑制する経路の障害などが起こり、痛みに過敏な状態が起こります。

このような場合、鍼灸施術がお役に立てます。水疱が治った後にも、痛みが続くようでしたら、鍼灸を試してみてくださいね。