美容鍼の唯一のデメリット[内出血]2

内出血9日目

みんなが知りたかったデメリットのお話

前回書いた「美容鍼の唯一のデメリット[内出血]」の反響があまりに大きかったので、びっくりしています。

「そうか、みんなデメリットを知りたいよね」と改めて感じました。そしてデメリットといっても、きれいになる一過程なので必要以上に怖がらないでほしいなとも思っています。

そういうわけで内出血9日目の写真をアップしてみました。多分明日にはほとんど消えるのではないかと思います。大きさにもよりますが、平均1~2週間できれいに戻ります。

ではその唯一のデメリット内出血の状態を知っていただいたうえで、美容鍼のメリットを上げてみます。

美容鍼で起きるお顔の変化とは

肌がきれいになる

当院には芸能関係のお仕事をされている女性も美容鍼を受けています。先日「メイクの人に、肌がきれいになったって褒められました!あと、周りの子にやせた?何今やっているの?って聞かれました」と嬉しそうに報告してくれました。

美容鍼では、真皮層に直接鍼を入れることができるので、真皮層にいる繊維芽細胞を刺激することができます。線維芽細胞は、鍼によってできた小さな傷を修復しようと、コラーゲン、エラスチンなどのお肌にハリを出すたんぱく質を出して、お肌をきれいに再生してくれます。

小さく壊して、新しく再生してきれいな肌になるという仕組みです。内出血と同じですね。

お顔が引き締まる

鍼を直接皮膚に入れることで、血行が良くなります。リンパの流れも良くなり、むくみがとれます。また美容鍼を一定期間定期的に続けると、お肌のターンオーバーが促進され、代謝が良くなることで、お肌がもっちりとしたなめらかな状態になっていきます。お顔が引き締まり、毛穴が目立たなくなります。

お顔を引き上げる

たるみは40代以降は深刻になっていきます。個人差はありますが、年々重力の影響を受け、下がっていくのが私たちのお顔の運命です。

美容鍼は、筋肉へ直接鍼を入れることで固くなっている筋肉を効果的に緩め、血行を良くして弾力を戻す作用があります。弾力が戻って元気になった筋肉は、お顔を引きあげられるようになります。筋肉の質を良くしていくイメージです。ですから当院では、筋肉の量を増やすための食事改善も指導しています。

ふくらはぎのむくみなども同じ原理ですね。どんなにマッサージをしても、筋肉の質と量が上がらないと、やっぱりむくみます。

目の疲れ、頭痛、噛みしめが改善する

筋肉の状態が良くなれば、当然これらの症状も改善します。頭痛のために仕事に支障をきたすほどで、鎮痛剤を何年も服用していた方が「頭痛が出なくなりました!」と喜びいっぱいでご報告してくださいます。

多くの女性が頭痛で苦しんでいます。美容鍼でそれが解消されるようになります。きれいになって、元気に過ごせるようになるというのが、当院の美容鍼の理想なのですが、多くの女性がそれを本当にしてくれています。良かったら口コミ投稿も見てください。実際のお言葉があります。

女性ホルモン分泌の安定化

これが当初はびっくりの副産物でした。お顔をきれいにするために美容鍼を受けていたら、「生理が順調になりました」「生理痛がなくなりました」というお声を多くいただくようになったのです。

50歳前後の女性でも多かったです。「もう止まったと思ったのに、毎月また来るようになりました」と本人もびっくりな状態になりました。

当院は全身調整と整体も基本施術として、美容鍼とセットにしているので、当たり前と言えば、当たり前なのですが、やはり嬉しいですね。

まだまだ深く掘り下げたいテーマがあるのですが、またの機会に書きますね。

きれいで元気になりたい女性は、美容鍼という方法も選択肢に入れてほしいなと思います。当院は今お辛い状態にある女性が元気に動けるようにサポートしています。お顔がきれいに整うと、やはり元気をもらえます。鍼でそれが実現できるのならという想いで、技術向上を常に心がけています。