腰痛でお悩みの女性へ

腰の痛みでお悩みの女性

「先生、やっぱり背筋が弱いから腰が痛くなるのでしょうか?背筋、鍛えた方が良いですか?」

腰が痛くてご来院される女性によく聞かれる質問です。

あなたも自分が背筋が弱いのかな?と思っていますか?

腰の動きを見てみましょう

腰の痛みで辛いのは前かがみが多いですね。

その次、ねじり。

反るというのもありますね。

横に身体を倒す動きもあります。

この時に使われている筋肉をちょっと調べてみました。

腰の動きに使われている筋肉

前へ倒す(前へかがむ):腹斜筋(お腹)、腹直筋(お腹)

ねじり:腹斜筋(お腹)、脊柱起立筋(背中)、回旋筋(背中)

横へ倒す:腹斜筋(お腹)、腰方形筋(脇腹)

反る:脊柱起立筋(背中)、多裂筋(背中)、腰方形筋(脇腹)

腰の動きは実はお腹の筋肉が多く使われている

きちんと調べてみると、反る動き以外は腰椎の動きにはお腹の筋肉が多く使われています。

特に前かがみが辛い場合(洗顔時の痛みなどです)は、お腹の筋肉の弱りが考えられます。

実際お腹が弱っていて、腰が支えられずに痛みが出ているケースはとても多いのです。

お腹が最近ぽっこりしていませんか?

・便秘がち

・下痢がち

・最近お腹だけ出てきた

こんな症状も、慢性腰痛にはセットで起きます。

さらに

・肩こり

・猫背

・スマホ首

などの姿勢の悪さも、このお腹の弱さが根底にあります。

「腰を良くするためにはお腹の筋肉の強化が必要です」

これが私がお応えする答えです。

Mother Earthではお腹の筋肉の状態をよく見て、おうちでできる簡単な体幹トレーニングを一緒にやって、覚えてもらっています。

根本的な改善を望むのでしたら、この方法をお勧めします。

70代で腰の痛みでお悩みだった方も痛みが改善し、動けるようになっていますよ。