美容と健康を叶える美容鍼&整体

美容鍼&整体

美容鍼はエステやマッサージと何が違うの?

今はモデルや芸能人、各界のセレブなどが利用していることで知られるようになった美容鍼。当院にいらっしゃる女性も「テレビで見たから」「雑誌で見たから」「Instagramで見たから」という方が、とても多くなりました。

「たるみがすごく引き上がるらしい」

「小顔になれるみたい」

「肌荒れが改善するらしい」

このようなメディアで見た情報を元に、いらっしゃいます。

そしてよく聞かれるのがこちらの質問。

「美容鍼はエステやマッサージと、何が違うの?」

美容鍼がもたらす4つの美顔効果

1.プルプル肌に(コラーゲンの産生)

表皮だけでなく、真皮層にまで小さな傷を作ることで、細胞や組織を活性化させます。細胞は傷を修復しようと、コラーゲンやエラスチンを自ら作り出すため、肌にハリと潤いが与えられます。

2.ツルツル肌に(免疫反応で血流の促進)

鍼を皮膚のツボに入れると、身体は鍼を異物と判断するため、免疫反応が起こります。鍼が入った箇所に血液を集めようと血流が循環し、身体の隅々に栄養と酸素が行きわたりはじめることで、代謝が上昇。クスミが薄くなり、肌ツヤが良くなります。

3.スッキリ・パッチリ(筋肉の引き上げ)

鍼をすることで、固くなった筋肉がほぐれ、弾力がアップします。柔軟性が出ることにより、本来筋肉が持っているリフトアップ力が高まり、たるみの解消につながります。

4.全身スッキリ(脳の活性化)

鍼をする場所によっては、ズーンとくるような感覚を覚えます。鍼をしたツボが美肌に効果のある胃腸と関連のある場所であったりすると、鍼の微細な刺激を通して、脳の視床下部へ指令が出て、胃腸の活性化を促します。結果肌の活性化につながります。

肌の4大悩み

1.たるみ(ハリと潤い、筋肉の柔軟性を取り戻して改善)

たるみの原因は筋肉の老化。例えば、表情が乏しいと顔の筋肉は使われずに、どんどん硬くなっていきます。柔軟性を失った筋肉は、古くなったゴムのようにハリがなくなり、たるんでしまいます。

2.シミ(代謝の促進が必要)

紫外線に当たることによって色素形成細胞が刺激され、メラニンが肌に染み付いてできます。約28日周期で表皮が角質となってはがれ落ちるときにメラニンも排出されます。周期が遅くなると、沈着してシミになります。

3.クスミ(血行・代謝の促進が必要)

皮膚の表面近くにある毛細血管中のヘモグロビンが減るとくすんでしまいます。これは血行の悪さが原因。またターンオーバーが遅く、角質層が厚くなることもクスミの原因になります。

4.しわ(ハリと潤い、筋肉の柔軟性を取り戻して改善)

乾燥と表情筋の衰えがしわの原因。乾燥は肌質やエアコンなどの生活環境が大きく関係します。表情筋は、たるむことによって表皮が寄り、しわになります。

美容鍼は、化粧品やエステのように、肌の表面からアプローチするのではなく、組織や細胞、血管や神経を刺激して身体の内側に働きかける美容法です。肌だけでなく、胃腸の改善、肩こり、目の疲れ、足のむくみなど、身体全体のバランスを調整しながら、肌本来が持つ力を活性化していきます。

美容鍼は、定期的に続けていくことで、健康と美容の維持に役立ちます。Mother Earthでは美容鍼と整体を併せて施術しているので、身体の痛みや自律神経のバランスの乱れにも対応することができます。いつまでも元気できれいでいたい女性にぴったりの美容法です。