美容鍼での自身の変化・考察

美容鍼変化

昨年、Instagramでbefore-afterの画像を出しました。

とても反響が大きかったので、ちょっと考察。

 

体重はあまり変わっていないのですが、時期によってだいぶ顔の輪郭が変わります。

人のお顔は変化します。

骨格は変わらないのですが、上にのっている筋肉や水分の状態で変わります。

また顎関節や頸椎のズレ、肋骨、骨盤のズレがあると、お顔はたるみ、歪んでいきます。

それらを矯正していくと、お顔は本来の骨格に沿ったフェイスラインに戻り、左右対称に近くなっていきます(人体には左右差があるので、近くなるという表現が一番しっくりきます)。

 

さてなぜお顔は変わっていくのか。

一つには妊娠・出産の影響。

今回はここに注目。

 

女性は妊娠すると肋骨も骨盤も大きく広がります。

産後少しずつ元に戻っていくのですが、産後はホルモンの影響で関節がゆるゆるになっています。

 

ゆるゆるの状態で待ったなしの育児が始まるので、ほとんどのケースでズレていきます。

骨盤でいうと、坐骨や恥骨が開いた状態になり、股関節の不具合が起こりやすくなります。

 

肋骨は左右どちらかが前へ出て、肩甲骨が外側へ広がり、肩こり、前肩になりやすくなります。

猫背状態、スマホ首状態になりやすくなります。

 

このズレが小さいうちに矯正していくことが、痛みやお顔の歪みを防ぐことになります。

 

私は28歳で治療院を開業したため、産前産後も患者さまが待っている状態でした。

出産前日まで働き、3番目以降の産後は約1ヶ月で復帰。

痛みのある患者さまから電話があれば、仕事せざるを得ませんでした。

 

赤ちゃんをおんぶしながら施術をすることも度々で、結構頑張っていたのです。

残念ながら、無理をすると身体は歪んでいきます。

末っ子の出産後は鏡を見るたびに、「老化」をひしひしと感じていました。

 

そんなわけで埼玉県に引っ越してからは、東京に出かけては、歪んだ身体とお顔を戻す技術を学びに行く週末でした。

自身の身体で検証し、良いものはどんどん治療院の施術に取り入れていきました。

 

今ではそれは私の資産です。

同じような状態の女性のお力になれるようになりました。

 

産後うつや、自律神経の乱れ、心の不安、身体の歪みで痛みや動きづらさで苦しんでいる方が、鍼灸・美容鍼・整体で元気な状態に戻っていきます。

施術の方法が、年齢を重ねることでどんどん進化しています。

 

苦労も決して無駄にはならないようです。

でもあなたにはそんな無理をしないでほしいと願っています。

休む必要があるときには、ゆっくり自分を休ませてあげてください。

その方が自分も周りも幸せ。

あなたの健康と幸せを祈っております。