目元口元のたるみに悩んでいませんか?

マスクでお顔がほとんど隠れていて、口元がいつの間にかたるんできたという話もよくお聞きします。

これ、なぜたるむのでしょうね?

表情が乏しくなってきたから?
それも1つだと思います。

隠れる口元は置いといて、目元で印象付けようという流れを感じますが、たるみがあるとやっぱり隠すのは難しく、苦労している方も多いようです。

目と口。
東洋医学ではあるつながりで見ていきます。

それは陽明胃経という経絡のつながりです。
→胃腸機能と考えてください。

特に下まぶたと口元の関係が深く、上まぶたの問題はまた別のルートに問題があるので、そこについてはまた機会があるときに書きますね。

⏹️胃腸の働きが落ちると、目元と口元同時にたるみが起きるということです。

ほうれい線も当然深くなりますね。

「胃は特に調子悪くないけど?」
と不思議に思う方もいるかもしれません。

⏹️こんな習慣ありませんか?

・飲酒習慣がある
・甘いものが好き
・パンをよく食べる
・真っ白いご飯が好き
・食べすぎることが多い
・夜遅く食べることが多い

血糖値が上がりやすい食べ物、飲酒習慣は身体の中で糖化現象が起きやすくなります。

糖化というのは、身体の中で余分な糖質とたんぱく質がくっついた状態のこと。

アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドも糖化の元になります。

身体を焦げつかせるイメージですね。
ベタベタと細胞を焦げつかせて、破壊していきます。

お肌の炎症を起こしやすくします。
アトピー性皮膚炎を持っている場合は実感として分かると思いますが、甘いものを食べると痒みが起きます。

またくすみ、しわ、しみの原因になり、肌を劣化させます。

お肌のコラーゲンやエラスチンも壊すので、お肌の張りが低下します。

→これらはインシュリン分泌にも影響し、胃腸機能低下につながります。

また夜遅くの飲食習慣は消化不良を起こしやすいのです。

⏹️こんな身体ではありませんか?

・太もも前がパーンと張っている
・脛がいつも張っている
・お腹がよくゴロゴロいう
・お腹がぽちゃぽちゃ音がする
・お腹がふにやふにゃふにゃで腹筋ほとんどなし
・便秘下痢を繰り返す
・肩こりがある
・股関節が痛い

→陽明胃経のルート上に異常が起きると、こんな症状が出てきます。

そして陽明胃経は下まぶた、頬、口元を通っているのです。

⏹️たるみを改善するには糖化を促進する食習慣の見直しが必要です。

内臓が元気になると、お肌は透明感を増し、美容鍼の効果が長持ちするようになります。

まずはお腹から。

足りない腹筋は強化し、陽明胃経のルートを強化していく鍼をしていきます。

その上でお顔の筋肉へ美容鍼をしていくと、どんどん引き上がっていきます。

もっとキレイに、もっと動ける身体になるために見直してみてください。

応援しています。