「息が吸いにくい」状態を改善する呼吸法

デスクワークの女性からこんなお声をよく聞きます。

「最近なんだか息苦しくて、息が吸いにくいんです」

「ずっと肩が凝っていて痛いです」

「頭痛が頻繁に起きるようになって、鎮痛剤飲む回数が増えています」

「噛みしめがひどくなっているみたい。最近顔が凝っていて朝が特にひどいです」

こんな状態が続いているようでしたら、要注意です。

呼吸が浅くなっているサインです。

いつも間にか呼吸が浅くなっている

デスクワークをしている女性に多いのが、この呼吸の問題。

「吸うのが難しい」こんなお声をよく聞きます。

東洋医学では「腎不納気」という言葉があります。

腎が弱くなると吸う力が弱くなるということ。

腎というのは下半身、特に骨盤のあたりと関係が深いのです。

そして座りっぱなしという状態は、骨盤周りの血行を悪くし、腹筋があまり働かず、腰や背中を緊張させます。

骨盤底筋や腹筋などのコアの筋肉が弱くなると、横隔膜を下に引き下げる力が弱くなります。

横隔膜が十分に働けないと、呼吸が浅くなってしまいます。

腹筋の働きを回復させましょう

お腹の力が抜けている状態は、太りやすくなることにもつながります。

肋骨が広がっていくと、腹筋はさらに働きにくくなるため、お腹が出てきてしまうのです。

まずは脇腹の肋骨のあたりを両手で軽く触ってみましょう。

ゆっくり息を吐きながら肋骨が狭くなるのをキープしてください。

おへそと背骨がくっつくようなイメージでお腹をへこませていきます。

そのまま力が抜けないようにしながら、息を吸い、さらにお腹をしめていきます。

3セットで1クール。

どんどんお腹を絞っていくことでコアの筋肉を働かせます。

この呼吸法だけで痩せている方もいます。

横隔膜の働きが良くなって、呼吸が深くなると、肩も楽になって頭痛改善につながります。

ぜひ習慣にされてください。