60代女性からのご質問

2か月ほど前に当院にこんなお電話がかかってきました。

当院は8割以上がネット予約でほとんどお電話がかかってこないので、「ご新規さんかな?」と電話を取ると、

「美容鍼に興味があるんですけど。結構年齢いってて、それでも良くなりますか?目のたるみが何をしても取れないんです」というご質問を頂きました。

年齢が高いと効果は出にくい?

若い方たちはもちろん素晴らしい回復力を持っています。

20代のキレイなモデルさんたちが美容鍼をしているのをSNSで見かけますが、正直不思議に感じています。

「いやいや、あなたたち何もしなくても十分きれいでしょう」と。

確かに「もっときれいになりたい」という思いに応えてくれるのが美容鍼なのです。

では40代~60代の女性ではどうでしょう?

美容鍼をやってもなかなか良くならない?

私が実際にアラフィフ・アラ還世代の女性に施術して、患者さまとお互いに感じていることは

「顔が上がっている。すご~い。」という変化です。

変化は等しく皆に起きるのが美容鍼

鍼をして筋肉の弾力を戻し、お顔を引き上げる力が回復することで、たるみによってできたほうれい線やおでこのシワ自体は薄くなります。

また真皮層に鍼を入れることで小さく浅い傷を意図的につけます。

その小さな傷を治そうと、身体はコラーゲンやエラスチンなどの修復材料を出してくれるので、やはりシワは薄くなります。自前のコラーゲンが出るのだから、すごいことです。

ただね、ここで勘違いしてほしくないのは、美容鍼は魔法ではありません。

真皮層まで深く刻まれてしまったシワを、きれいになくすということは出来ません。

ここに年齢差が出るということです。

若い方にはそもそもシワがありません。

美容鍼でお顔が引き上がったら、きゅきゅっと小顔になっていくのは当たり前ですね。

年齢を経た私たちは相応のシワもあります。たるみも日々深刻になります。

美容鍼は出来てしまったものを消すことはできないけれど、これ以上たるませないということは出来るのです。

定期的な美容鍼&整体のすすめ

目のたるみがあれば、おでこの筋肉が弱っていて、まぶたも重いはずです。

眼精疲労やドライアイ、肩こりもあるかもしれません(ほとんどの女性に見られます)。

それが美容鍼を受けると「視界が広がって、目が実際に大きくなっている!」という状態に戻り、首肩が緩み、呼吸が深くなります。

暮らしの質を上げます。

キレイになって、動きやすい身体になれる美容鍼&整体は、アラフィフ・アラ還世代の女性にこそ必要な美容法です。

冒頭のご質問の女性は1週間に1回の施術に今通っていて、お腹の筋肉が出来てきて、目元もきれいになってきました。なによりお顔のラインがスッキリされて、「同僚に痩せた?って聞かれます」と喜んでいらっしゃいます。