事故後の回復→痛みと感覚障害が残っていた手の浮腫への鍼施術

当院はファミリーでご利用される方が多いのが特徴です。

本日は60代の調理師のご主人(奥様・娘さんも当院の患者さま)のお話です。

ご主人が事故に遭われたのは、数か月前。

職場の製麵機に手を挟まれるという大変な事故に遭われ、病院で治療を受けていました。

骨には異常なしとのことで、しばらくの通院後「治っている」と言われたそうですが、手はグローブのようにパンパンに腫れていて、痛みと感覚障害に苦しんでおられました。

こちらへ施術の依頼を受けたのは2か月前です。

我慢を重ねていましたが(病院でできる治療が特にない状態だったので、どうすることもできなかったそうです)、毎夜腕全体の痛みに悩まされるようになり、眠れなくなって、当院へいらっしゃいました。

事故後の障害

幸い骨には異常が見られず、残っている障害は手の浮腫み、腫れ、感覚障害、痛みでした。

板前さんなので、利き腕の右手がこのような状態で、包丁を握るのも大変な状態です。

初めて見せてもらったときに、パンパンに腫れている手は、鍼をすることで血行を良くするのと同時に、傷の修復機能を刺激してあげれば、細胞の修復がもっと進むと思いました。

そこで週1回間隔で鍼施術を始めることにしました。

2回目にいらした時には、パンパンだった手が少しむくみが引いて、指が少し曲げられるようになっていました。

そのことをとても喜んで下さり、回復への希望を持ってくださいました。

2カ月後

施術の回数を重ねるたびに、腫れは引き、痛みはなくなり、しっかり握りこめるようになりました。

手の感覚も当初4割くらいしか感じられなかったものが、今では8割方戻ってきているそうです。

嬉しいですね。

もしもあなたが病院で「異常なし」と診断されても、残っている症状で苦しんでいるようでしたら、鍼灸も視野に入れてみてください。

お力になれるかもしれません。

諦めないでくださいね。