50代後半女性の不定愁訴改善

50代後半の彼女がいらしたのはちょうど1年前。

1.ふわふわとしためまい感・両耳のふさがり感

2.頭痛

3.じっとしていると座っていられないほどの不安感

4.お尻から太もも裏の痛み

5.怖くて運転できない

6.夜中にトイレに2時間おきに起きる

7.昼間もいつもトイレが気になる

8.背中から肩までずっと張っていて辛い

9.ほうれい線が気になる

10.顔全体のたるみの改善希望

お悩みは深刻でまた7年以上と長く、不安感がかなり強い状態でした。

初回から数か月は、ご主人の運転で連れて来てもらう状態が続きました。

プレミアム美容鍼

50歳前後からの、7年以上の不快な症状。

病院を転々として検査を繰り返しても良くならず、当院にいらしたときには不安感がかなり強い状態でした。

このような状態はプレミアム美容鍼で対応できます。

頭から足先までトータルケアで、骨格、筋肉、自律神経、経絡バランスの改善をしていきます。

自律神経のバランスの崩れ。

筋力低下。

頸椎のズレ。

骨盤のゆがみ。

これらを順々に手を入れていきました。

するとまず、頭痛が起きなくなります。

彼女は頻繁に起きていた頭痛が出なくなっていることに気づき、大変喜んでくれました。

そのうち、夜中の頻繁なトイレ(2時間おきで合計3回起きる)がなくなりました。

1回で済むようになり、そのうち朝までぐっすり眠れるようになります。

そうなると、改善の兆しが見えてきます。

良く眠れるようになって、朝スッキリです

「年齢のせいだ」と夜中の頻繫なトイレをあきらめている女性が多くいらっしゃいます。

自律神経のバランスの崩れ、筋力低下や、冷えを改善すると良くなることもあります。

彼女の場合は、お尻から太もも裏にかけての痛み、坐骨神経痛といいますが、これが改善すると、頻繁なトイレがなくなっていきました。

骨盤底筋をはじめとした体幹の筋肉を強化することも、施術と同時にやっていきました。

夜中のトイレが改善すると、睡眠の質が上がり、メンタル面が安定していきます。

1人で運転してこれました

そのうち彼女は一人で運転してこれるようになりました。

不安感がだいぶ減っていったのです。

頸椎のズレが小さくなっていき、耳のふさがり感も気にならなくなりました。

あんなに苦しんでいたふわふわとしためまいのような症状も消えていきます。

そうなると、歩いていても疲れにくくなります。

1本の芯が通ったみたい

「まるで体の中に1本の芯が通ったような感じで、しっかり歩けます」

彼女はそう喜んでいました。

お身体の状態を改善していきつつ、お顔の鍼も丁寧にしていきます。

「ほうれい線が薄くなったみたい」

そんな風になっていきました。

身体がしっかりとして、お顔もスッキリしていったのです。

今ではとても元気になって、運転も不安ではないし、散歩を楽しめるようになっています。

もしもあなたが、彼女のような不快な症状に悩まされているようでしたら、ぜひ鍼灸を試してみてください。

「更年期?」

「年齢だから仕方ないのかな」

そんな風にあきらめるのは早いです。

そして50代から先の人生は長いのです。

ご自分に合った心と身体のメンテナンス方法を見つけてくださいね。