タイミング療法で1年経過…鍼灸&整体で妊娠のための身体づくり

結婚してしばらくは夫婦2人の生活を楽しんで。

2年経ったころに、そろそろ赤ちゃんを迎えようかという流れに。

避妊をやめているのに、なぜか妊娠しない。

「あれ?検査に行った方が良いのかな?」

病院へ行き、夫婦で不妊の検査を受けることに。

原因は不明。取り立てて異常もないようだ。

とりあえずタイミング療法からスタートすることに。

毎月の卵胞チェック。

排卵促進のための薬の服用。

忙しい中、タイミングを取ることを繰り返す。

でも妊娠しない。

気づいたら1年以上経過している…。

何で妊娠しないんだろう

ストレスでお腹痛い

30~40代の女性が、鍼灸に出会うまでの大まかな流れです。

「体が冷えているから、ひょっとして巡りが悪いのかもしれない」

「どうやら冷えているのが悪いらしい。冷えを治せば、妊娠できるかも?」

こんな風な情報に触れ、当院へいらっしゃいます。

多くの女性が不妊外来に通いながら、身体づくりは特にしていないという状況です。

「じわじわと体重が増えて戻らないんです」

「運動しなくちゃとは思うんだけど、ちょっと頑張ると痛くなってできなくなるの繰り返しで」

「体が冷えるから血行悪いのかなとは思っていました」

こんな風に自分でも身体を作らないとという意識はあるのですが、何もできていない状態。

「どうしたら良いのか、分かりませんでした」

こんな風におっしゃいます。

妊娠・出産は体力の要る大仕事

妊婦さんと逆子

妊娠・出産、体験されたことがある方にはよく分かると思いますが、妊娠・出産はホルモンの激動で体調が大きく揺れます。

妊娠初期のつわり。

むかむかして、何も食べられなくなることも。

何を食べても、戻してしまうの繰り返し。

戻すことって体力をかなり消耗します。

水を飲めなくなる女性も多いです。

こうなると入院になりますね。

十分な栄養素の確保と体力がなければ、妊娠維持も危うくなります。

身体は賢いので、妊娠維持に必要な体力を持っていなければ、妊娠はなかなか実現しません。

エネルギーが巡る身体を作ることが先決なのです。

痩せすぎも生理が来なくなるし、太りすぎもまた生理不順が起きますね。

そういうことなのです。

タイミング療法などの治療を受けつつ、妊娠を維持できる身体づくりを同時に始めましょう。

妊娠できる身体に整える鍼灸&整体

お腹の調子が悪い女性

PMS、便秘、生理痛、子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群、貧血、頭痛、腰痛、腹痛、冷え、巡りの悪い身体はこのような症状で悩まされることが多いのです。

まずは生理の安定化を目指します。

鍼灸施術は、自律神経とホルモンバランスを整え、筋肉の緊張を緩める作用があります。

定期的な施術を受けていくと、血行が良くなっていくのです。

同時に体力の底上げをするために、体幹の筋肉を育てていきます。

骨盤底筋など、コアの筋肉を作っていくと安産にもつながります。

コアの筋肉を育てるためには、呼吸の力を最大限に利用していきます。

運動が苦手な方でもできることはたくさんあります。

まずはお腹を作ってから、負荷を上げていきます。

お腹を作ることで、巡りの良い(血行が良い身体)になり、妊娠しやすい身体へ変わっていきます。

当院のリピーターさんでも、子宮内膜症で長年苦しんでいた30代の女性がいらっしゃいます。

生理の時には毎回大量出血で貧血を起こし、またお腹の痛みで仕事を毎回休んでいるほどでした。

そんな状態の時に、彼女は赤ちゃんを望んで当院へいらっしゃいました。

鍼灸&整体の施術を1年ほど定期的に受けているうちに、大量出血がなくなり、生理痛がなくなり、生理の時でも変わらず仕事に行けるようになりました。

そのタイミングで体外授精にトライ。

見事今では2歳の子どものママになっています。

今では内膜症も落ち着いて、生理痛から解放された毎日を送っていらっしゃいます。

身体づくりを始めましょう

妊娠しやすい身体に整えるためにできることは、実はたくさんあるのです。

「体が冷える」と言いながら、アイスコーヒー(ガムシロップもたっぷり入れる)や、アイスクリーム、シュガーたっぷりのお菓子、またはビールが大好きという身体を冷やす嗜好の女性も増えました。

身体を温める主食のご飯の量を、「痩せるために」かなり減らしている女性も多いです。

食生活、大事です。

身体を作る食事を意識していきましょう。

 

または足首などが出ている服装。

「寒い、寒い」と言いながら、薄着でいたり。

「水がもったいないから」浴槽にお湯を張ることはせず、シャワーだけで済ませている夫婦も多いですね。

お風呂につかる習慣は、自律神経の働きも良くするし、何より冷えや疲労を取り去るにはとても良い方法です。

芯から温まってリセットする習慣を身に着けてください。

また東洋医学では足は生殖器と密接な関わりがあると考えます。

足をよく動かしてください。

お散歩、おすすめです。

歩くだけでは筋肉量は大して増えませんが、やはり基本です。

私は4度の妊娠・出産を経験していますが、身体づくりは毎日の積み重ねだと実感しています。

また年齢が上がれば上がるほど、身体づくりの時間は必要になっていきます。

一緒に身体づくりを始めましょう。

鍼灸&整体でサポートしています。