更年期を生きる

更年期。

45歳から55歳のホルモンバランスが変わる時のことを呼びます。

卵巣機能がだんだんと低下して、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が下がる時です。

東洋医学でも女性は7の倍数で身体が変わるとされています。

49歳が閉経とされているので、現代の更年期と同じ時期ですね。

18歳から45歳までは性成熟期と呼ばれていて、生殖エネルギーが高い時期です。

そこからだんだんと生殖エネルギーは落ちていき、卵巣の機能は終了となるわけです。

閉じるというのはなかなか合っているなぁと思います。

生理がある間は、骨盤も開いたり閉じたり動きがありますが、だんだんと動きが鈍くなっていくのですから。

更年期で起きる色々をみていこうかなと思います。

更年期の症状

更年期になると今まで平気だったことが、平気ではなくなっていきます。

今まで気にもしなかったことを、気にするようになり。

ちょっとしたストレスが、身体に大きく影響が出たり。

心身の揺れを感じるようになります。

症状としては、頭痛、肩凝り、首の痛み、腰痛、動悸、息切れ、パニック、息苦しさなどなど。

しんどい時には、朝起きられない。
動悸で横になる。
眠れない。
汗が止まらない。

こんな症状に悩まされることもあります。

自分が自分でなくなっていく、そんな感覚を覚える方も少なくありません。

こんな時には、まずは揺れるお年頃に入ったことを認めましょう。

そしてメンテナンスが必要な時期に入ったと理解しましょう。

今までは寝れば治っていたものが、そもそも眠れないという状況です。

プロの手を借りて、自律神経の働きを回復させると楽になります。

美容鍼•鍼灸•整体はこんな辛い症状の緩和を期待できます。

当院にはこのような症状にお悩みの女性が多く来院されて、みなさま元気になっています。

ご相談くださいね。