妊活は休み休み進めるくらいでちょうど良い

最近のお話です。

4年前から当院にいらしている女性が、妊娠4か月に入りました。

彼女が当院にいらしたのは「赤ちゃん希望」。

当時38歳でした。

常に仕事で忙しい女性

仕事ではかなり上の立場にいらっしゃる方で、常に忙しい。

残業も休日出勤も当たり前。

いつも体力・気力ぎりぎりで頑張る彼女が、妊活をするのは本当に大変でした。

仕事の都合で、妊活をお休みすることも度々。

それでも彼女は自分なりのペースで病院に行き、妊活を進めていました。

当院へは最初の「妊活」よりも、身体の痛みや疲労のケアを求めて…という状態。

まずは疲労困憊している身体を、回復させるのが先という感じで何年も経過。

妊活は休み休みでも、身体作りは時間がかかる

病院へ行くのは、仕事が落ち着いた時を見計らってのようでしたが、当院でのメンテナンスは欠かさずいらしていました。

それは「体が痛いから」であったり、疲労がたまって、仕事に支障が出るからという感じで、妊活は意識していたのかはもはや謎。

それで良かったのです。

へとへとの身体では妊娠は難しい。

ましてや出産や、その後の育児も大変です。

妊娠・出産・育児は体力が全てです。

そのための身体作りは、短期間では難しい。

だから定期的なメンテナンスと、筋力アップは長期計画で進めたほうが良いのです。

42歳の妊娠

彼女は結果的に今、安定期に向かっています。

妊娠してとても眠いはずですが、今でも変わらず、仕事を頑張っています。

仕事のペースは少し落としたみたいですけどね。

仕事の都合で、妊娠・出産の時期に悩んでいる女性は多いと思います。

状況に合わせて、休み休み進めたら良いのではないでしょうか。

でも身体作りは早く始めるに越したことはないと思っています。

美容鍼・鍼灸・整体で、妊娠できる身体作り、応援しています。