病院受診は不安なのでとりあえず鍼灸を試してみたいです

#当院について

先日こんなお問合わせをいただきました。

「○○で悩んでいます。病院での薬物療法は嫌なので、鍼灸を受けてみたいです。」

「病院での受診、検査をされてのお話ですか?まだなようでしたら、まずは病院受診をされて、検査をされてからの方が良いと思います。」

「○○の施術をされたことはないんですか?病院に行くのも不安なので、こちらでお願いしたいと思ったのですが。」

この方のお気持ちもよく分かります。

病院で薬物療法よりも、自然な方法で改善出来たら良いな。

鍼灸って、どうだろう?

相談しやすそうだし。

ちょっと聞いてみようかな?

こんなお気持ちからのお問い合わせだったと思うのです。

まずは検査をお勧めします

その思いに添いたい気持ちはもちろんあるのですが、プロとして、まずは病院受診をお勧めした方が良いケースではきちんとその旨をお伝えしています。

そのため以下のような返信をしました。

==================

当院でも○○の施術をしていますが、病院での受診をされている方を診ている状況です。

○○の原因もさまざまあり、まずは検査をしないと分からないものもたくさんあります。

 

不安だから、とりあえず鍼灸でというお気持ちもよく分かるのですが、患者さまにとって最適な施術を受ける機会を失わせるのではないかと危惧しております。

 

患者さまの願いはひとつ、○○の改善だと思います。

わたしも同じなのです。

 

年齢的にもまずは検査を受けた方が良いと思い、ご連絡差し上げました。

検査を受ければ、今見えていないことも分かります。

分かった上で、どのような治療を選択するのかを選べると思うのです。

 

当院ではそのような方たちを診ています。

ご理解いただけますようお願いいたします。

==================

わたしとしては、やはり最適な治療を受ける機会の損失だけは避けたいところです。

原因の特定もしないで、あいまいに施術を進めることはできません。

必要な検査はやはり受けてからの鍼灸施術だと考えます。

その上で病院との治療と併用して鍼灸施術を受けるのか、もしくは鍼灸施術だけでいくのか、決めれば良いのではないかと思うのです。

もしも今あなたが「病院に行こうか、どうしようか」と迷っているようでしたら、症状を改善するために、調べられるものは調べて、それから考えるということをお勧めします。

検査の結果が出たら、今後どうするのか、主治医と相談しつつ、わたしも相談に乗りますので、お声掛けください。

ページの先頭へ