妊婦さんの突発性難聴「聴力改善していました」

突発性難聴でお悩みの方に、こちらの情報が届くことを祈って今回記事を書きます。

先日、嬉しいご感想を頂きました。

30代の妊婦さんです。

突発性難聴と診断されるも、妊娠しているためにステロイド治療ができない状態でした。

耳鼻科でできることは聴力検査のみという状況でした。

そのため鍼灸単独での突発性難聴改善へのアプローチ。

数回の施術後、耳鼻科での再検査で聴力が回復していることが分かり、その場でご連絡をくださいました。

それがこちら。

耳鼻科の先生はこんな風におっしゃっていたそうです。

「聴力回復していますよ!薬を使わないでこんなに回復しているのを見るのは初めてです」

「実は鍼の先生に診てもらっていて」

「そうなのですか!グラフにこんな風に出ていますよ。」

ガタっと落ちていた聴力が回復していて、大変驚かれたそうです。

良かったです。

その後、このようなご感想を改めてお寄せ下さいました。

—————————

不妊治療を始めて2年が経過したところで、ご近所さんの紹介で平井先生に出会いました。鍼治療を始めて5ヶ月で妊娠することができました。職場での人間関係のストレスもあり、諦めかけていたところでしたが、平井先生に心も体もケアしていただき、感謝、感謝、感謝です。
 妊娠できた喜びに浸っていた所、突発性難聴になってしまい、耳鼻科の先生には「低音がほとんど聞こえていないけれど、妊娠しているとステロイド剤が使えない」と言われ、ショックでした。妊娠のせいで薬が、飲めない…それが、つらかったです。でも、平井先生が、「私にできることは、なんでもやってみましょう」とすぐに耳への鍼治療をしてくださり、なんと、今、聴力が回復してきました!
 私にとっては、平井先生は、なくてはならない存在です。本当に悩んだり、本当につらいときに、支えて助けてくださる先生です。これからも、末永くお世話になります。

—————————

妊娠されて喜んでいたところでの突発性難聴。

辛い状況です。

私ができうる限りの方法で今もサポートしています。

 

突発性難聴は早めに施術に入れば、回復する可能性が高い症状です。

お耳の調子がなんだか変だなと思った時には、迷わず耳鼻科で検査を受けてください。

そして耳鼻科での施術とともに、鍼灸施術も考えてみてくださいね。

お力になれると思います。

ページの先頭へ