美容鍼メニューで頭痛改善

内出血後14日目の顔写真

写真は美容鍼で出来た左の口元の内出血後13・14日目の写真。もう分からないぐらいですね。うっすらとまだありますが、ほぼ消えたといって良い状態です。

鍼施術は血行が悪いところでは内出血が起こることもありますが、その後は血行が改善されてきれいに修復されます。美容鍼ではお顔のパーツも中心におさまり、本来の骨格に沿った形に戻れます。

これからも自身の顔と身体で検証した結果をアップしていきますね。

頭痛の原因

さて本日はどんより曇り空。梅雨が続いていて頭痛を訴える方が増えています。頭がどんより重いというところから始まり、だんだん痛みになっていくこのパターン、あなたも経験がありませんか?

これは湿度と気圧の変化によって、自律神経が揺れていることが一つの原因です。血管が収縮しがちで、首肩が緊張しやすい状態です。またむくみが出やすく、身体が少し重い状態になっています。

2つ目は頸椎の異常。筋肉の緊張で頸椎が左右どちらかに回旋してズレた状態になると、そこを起点に痛みが発生します。

3つ目は姿勢の崩れによる肩甲骨の位置異常。これは猫背の状態を思い浮かべてください。肩甲骨が外へ引っ張られて、前肩になり、首が前へ出ている状態です。いわゆるスマホ首といわれるものです。頭の位置が前へずれてしまい、首が異常に緊張している状態です。

まだまだ考えられる原因はありますが、今日はここまで。

頭痛と美容鍼

上記の状態に対応するために、当院では美容鍼メニューを進化させてきました。

当初、美容鍼メニューで頭痛対策を考えていなかったのに、「先生、頭痛薬手放せました!」のお声を多くいただくようになり、「あれあれ?これはすごいかも」と患者さまの反応で気づかされて、本格的に取り組み始めました。

原因は個々で違います。まずはお身体の状態を見て、緊張が起きている部位、歪みが生じているところを一つ一つ確認していきます。

全身をざっと触るので時間はそれほどかかりませんが、全体を見ることが大事です。

その後異常が生じている経絡反応も確認し、調整に入ります。整体で筋肉、骨格、経絡の調整をしたら、いよいよ美容鍼です。

美容鍼もそれぞれのお顔の状態、皮膚の状態を確認し、ツボを選定していきます。

毎回ライブの施術で、「どうすれば良くなるのか」を考えながら、真剣に施術しています。今ではお顔の整体も始めて、対応できるものが増えてきました。

頭痛で悩んでいるあなたへ

肩こりと頭痛はセットです。ひどくなると耳がつまったり、めまいが起きることも。当院ではそのような深刻なお悩みの患者さまが多くご来院されています。

年齢も10代~70代まで幅広く、それぞれの状態に合わせて施術で改善に導いています。

もしもあなたが慢性的な頭痛に悩んでいるようでしたら、お試し美容鍼メニューを試してみてくださいね。