PC画面を見続けて目の疲労が深刻に

「目がショボショボしてくる」

「目が疲れて肩が張って、頭痛も出てきました」

「目がゴロゴロする」

「目の奥が痛むんです」

一定の距離を見続ける仕事(PC画面を常に見るなど)では、目の疲労が深刻です。

目の調子が悪くても、どうすることもできず、冷やしたり、温めたりと自己流で頑張っている方も多いのではないでしょうか?

目の疲労は首の筋肉の疲労である

眼球運動は首の後ろの筋肉で調整されています。

パソコン画面でも、スマホ画面でも、どうしてもうつむき姿勢で長時間見ています。

そうすると見るためにも、重い頭を支えるためにも首の後ろの筋肉は使われる。

同時に重い頭を支えるために、背中、腰もガチっと固まっています。

この姿勢が続いたら、肩こり、腰痛、目の疲れはセットで起きるのが理解できますよね?

目だけの手当てでは足りない

何かを見て作業するというのは、座っているし、さほど重労働には思えないかもしれません。

ところがあの姿勢を維持しているのはかなり、身体全体を固くさせます。

バランスを取るために、軽いスクワットや腕立伏せ、腹筋など運動もしていった方が、作業ははかどります。

運動しても良くならない場合

動かしても、目の疲れ、肩こり、頭痛がスッキリ改善しない場合。

専門家に見てもらってください。

頸椎のズレが生じている可能性が高いです。

整体

Mother Earthにいらしている患者さまたちのお首を見ると、かなりの割合で頸椎のズレは見られます。

ここを調整していくと、驚くほど視界が広がり、目の疲労が取れます。

耳の不調もここが問題のことが多いです。

そして後は筋肉の問題。

異常な緊張を緩めるために鍼を使います。

頭皮の血行が悪くなっていることが多いのです。

それから目の周りの筋肉へ直接、鍼をすることで、血流を促進します。

目の開きが良くなって、きれいになれます(おまけですね)。

あなたの悩みはプロの手を借りれば、驚くほど軽くなります。

是非お試しプレミアム美容鍼にいらしてくださいね。